不動産投資はどこに相談したらいい?おすすめの相談先6つ!

資産運用としてさまざまな投資方法がある中で「不動産投資」に興味がある方もいるでしょう。しかし、事前知識なく不動産投資を始めると、思うように利益が出ず、投資に失敗してしまうおそれがあるため注意しなければなりません。 今回は、不動産投資を始めるにあたって、相談することの重要性や相談先を選ぶ際の比較ポイントについて解説します。

この記事は約5分で読み終わります。

不動産投資で相談が大切な理由 

不動産投資を始めるにあたり、ある程度の専門的な知識をもっていないと、うまく運用できないケースがあります。

そのため、専門的な知識を有しているプロへ相談すれば、独学では取得が難しい、不動産投資に関する知識やノウハウを教えてもらうことができます。

また、不動産投資についての悩みや疑問を相談して解決できれば、精神的な負担の軽減にもつながるでしょう。

不安なまま不動産投資を行うよりも、適切な情報や知識、ノウハウを得たうえで不動産投資を行う方が、効率良く資産形成できる可能性があります。

不動産投資の相談はどこにしたらいい? 

不動産投資を始めるのであれば、専門的な知識を有する方に相談することが大切だと上述しました。では、具体的にどのような窓口で、不動産投資について相談すればよいのでしょうか。

ここからは、不動産投資の相談先の例やそれぞれの窓口における特徴、適している相談内容について紹介します。

不動産投資の経験者

不動産投資の経験者に相談し、アドバイスをもらうのも方法のひとつです。経験者に相談すれば、実際に不動産投資を行った経験から、より実践的なアドバイスを得られるでしょう。

ただし、不動産投資の経験者は、年齢や経済状況などにも差があるため、最適な投資プランが自分とは異なる可能性があります。

投資に充てる資金面での相談であれば、自分の経済状況と近しい人にアドバイスをもらう、経済状況が異なる人には実践的なポイントやコツを聞くなど、相手によって相談内容を変えるとよいでしょう。

ファイナンシャルプランナー

不動産投資について、ファイナンシャルプランナーに相談する方法もあります。

ファイナンシャルプランナーは、資金や税金、将来かかることが予想される支出など、一人ひとりの実情に合わせた「お金」に関する相談ができる点が特徴です。

ライフプランに合わせた投資の進め方など、支出として必要な金額や余剰資金としてどれくらいの金額を投資に回せるか、などのアドバイスを受けることができます。

ただし、「不動産投資」に特化した相談相手ではないことに注意が必要です。不動産投資にスポットを当てるのであれば、不動産の専門家からもアドバイスを受ける必要があります。

信託銀行

信託銀行も、不動産投資を始める際の相談先として活用できます。

ローンや資産運用に関する相談ができることが特徴です。不動産投資以外の投資など、資産運用に関して幅広く検討したい場合にも活用しやすいといえます。

不動産投資を始めるにあたり、「ローンを組んでスタートしたい」という方の相談先としておすすめです。ただし、銀行や窓口の担当者によって考え方が異なる場合があるため、注意が必要になります。

信託銀行によっては、不動産投資に特化したローンや相談窓口を設置しているところもあるので、上手く活用すると良いでしょう。

行政書士

行政書士は、会社の設立や相続などを含め、法律上の手続きに関する相談先として活用できます。

法的書類の作成などを依頼することも可能です。会社設立や相続などの法的手続きが必要になる場面でアドバイスを受けると良いでしょう。

行政書士によって専門分野や得意分野が異なるため、相談先として活用するのであれば、不動産投資に強い行政書士を選ぶことがポイントになります。

税理士

税理士は、節税や確定申告などの税金面に関する相談先として活用できます。

税金についての専門知識を有しているため、不動産投資の利益や損失、固定資産税など、税金の算出や書類作成を依頼したい場合にもおすすめです。

毎年行う確定申告などのサポートをしてもらえるため、税理士に相談する場合には不動産投資に知見のある税理士を選ぶとよいでしょう。

不動産投資会社

不動産投資を始める際には、不動産投資会社への相談が欠かせません。物件の紹介から契約、収支計算などのサポートをしてもらえるほか、不動産管理についての相談にも対応しているところが多くあります。

不動産業界の最新情報にも精通しているため、投資先物件の情報を素早く入手しやすくなるでしょう。

ただし、投資物件を強引に勧めてくるような会社には注意が必要です。投資家目線で利益や不利益、将来的な資産価値など、正確な情報を提供してくれているか、しっかりと見極める必要があります。

相談先を選ぶときの3つのポイント 

不動産投資についての相談先を選ぶ際には、トラブルや失敗を防ぐために複数の窓口を比較検討することが大切です。ここからは、相談先を選ぶ際に意識しておきたい3つのポイントについて紹介します。

希望や状況に合わせた提案をしてくれる

不動産投資についての相談先を選ぶときは、投資家の希望や状況に合わせた提案をしてくれるかがポイントになります。具体的には、丁寧にヒアリングをしてくれるか、無理のない資金計画を提案してくれるか、などを見極めるとよいでしょう。

特に、長期的な視点で最適なプランを提示してくれるなど、目先の利益だけにとらわれない視点でアドバイスしてくれるところがおすすめです。

実績がある

不動産投資の相談先は、不動産投資に関する実績があるかを確認しておくことも大切です。特に、不動産投資会社や行政書士、税理士などに相談する際には、これまでの実績に一度目を通しておくとよいでしょう。

また、実績だけでなく口コミや体験レビューなど、ほかの投資家の声や意見をチェックすれば、自分の状況にマッチする相談先かを判断する材料になります。

リスクやデメリットも説明してくれる

不動産投資会社などは「物件を販売したい」「契約を取りたい」という意識から、メリットばかり伝えてくる場合があります。

不動産投資に関するリスクを把握していないまま投資物件を購入すると、投資そのものに失敗してしまうかもしれません。

そのため、デメリットやリスクを軽減する対策などを伝えてくれるなど、さまざまな可能性や選択肢を示してくれるか、という視点で相談先を選定するのも有効です。

運用する不動産のデメリットを購入時の段階で把握できていれば、リスクヘッジのためにいち早く対策を講じることも可能になるでしょう。

まとめ

不動産投資は、不動産や税金、法律などさまざまな専門知識が必要になるものです。一から独学ですべてのことを勉強することは難しいため、信頼できる相談先を見つける必要があります。

相談先を選ぶ際には、投資家の利益を考えてくれているかを精査することが大切です。