不動産投資のエリアはどう選ぶ?人気の街をチェックしよう!

不動産投資を始めるときに、どのエリアにある物件を購入すべきか悩む人は多いでしょう。この記事では不動産投資で選ぶべきエリアの特徴や、おすすめのエリアを紹介しています。エリアの選定に悩んでいる人は、ぜひご覧ください。

この記事は約5分で読み終わります。

不動産投資で選ぶべきエリアの特徴

不動産投資において、「このエリアの物件を購入すれば絶対にうまくいく」という保証はありません。しかし、不動産投資がうまくいきやすいエリアの特徴、傾向は存在します。

どのようなエリアであればうまくいきやすいのか、不動産投資で選ぶべきエリアの特徴を把握しておきましょう。

人が集まっている

不動産投資で選ぶべきエリアの特徴のひとつが、人が集まっていることです。不動産投資の主な収益として、入居者から支払われる家賃収入と、不動産を売却して得られる売却益があります。

いずれにしても、その物件を求める人がいなくては得られない利益です。入居者が殺到するような収益性が高い物件は入居希望者も多いため、不動産投資が成功しやすいでしょう。

都市部など人が集中している地域は、その分賃貸を利用したい人も多いため、家賃収入を得やすくなります。

とくに会社や商業施設、学校などが集まっている場所は、物件の入居者になる見込みがあるターゲットが多いので、安定した収益を得たい方にはおすすめです。

単身者が多い

単身者が多いことも、不動産投資で選ぶべきエリアの特徴です。ビジネス街や大学の近辺など、学生や社会人が多いエリアは、ワンルームマンションをはじめとした賃貸需要が高い傾向にあります。

退去者が出ても、翌年度には新たに入学する学生や新入社員が物件を求めてやってくるので、空室対策もしやすいでしょう。

交通アクセスが良い

交通アクセスが良いことは、物件の大きな強みになります。主要駅にアクセスしやすい範囲の物件は通勤・通学に便利で、人気が出やすいからです。

都心部に所在する物件は高額で手が出せないことが多いですが、都心部に30~50分程度でアクセスできる郊外の物件であれば、都心部の物件よりも安価に購入できるという魅力もあります。

住みたい街として人気がある

住みたい街として人気があることも、不動産投資で選ぶべきエリアの特徴です。大手の賃貸サイトなどで住みたい街ランキングに入っているエリアは、生活しやすい条件が整っています。

駅や学校が近い、買い物がしやすい、治安が良いなどで人気の街は、少々家賃が高くても住みたい人が多いため、空室に悩まされることが少なく収益を上げやすいでしょう。

治安が良い

治安の良さもチェックしておきたいポイントです。不動産投資における問題は、空室だけではありません。騒音や家賃滞納といった入居者トラブルも、不動産投資が失敗する原因のひとつです。

騒音がひどい、不審者の目撃情報が多いなどのトラブルがあると、入居者がなかなか現れず、ようやく来た入居者もすぐに退去してしまう可能性があります。空室が続くと利回りがどんどん悪くなってしまうでしょう。

また、家賃滞納が発生すれば利益が得られず、退去してもらうにも多大な労力がかかります。治安が良いエリアは入居者の質も高く、こうした入居者トラブルが起こりにくい傾向にあります。

トラブルが起こらない住み心地が良い物件には同じ人が長く住み続けるため、空室対策やトラブル対応に追われることも減るでしょう。警視庁が公開している犯罪情報マップを参考に、気になるエリアの治安も調査してみてください。

再開発予定がある

再開発予定があるエリアも、不動産投資用の物件を購入するのにおすすめです。再開発によって商業施設が充実したり、鉄道が新線・延伸されたりすると、物件の資産価値が向上します。

再開発後のエリアには人が集まるので、物件の需要も向上するでしょう。再開発エリアには家族連れが集まりやすいので、ワンルームタイプよりも、ファミリータイプの区分マンションが向いています。

不動産投資をするのにおすすめのエリアはここ!

不動産投資で選ぶべきエリアの特徴を紹介しましたが、「結局どのエリアが良いのか決められない」という人もいるでしょう。そこで、不動産投資を始めるのにおすすめのエリアを紹介します。

東京23区

人が多く集まり、都心部へのアクセスも良いエリアといえば、やはり東京23区でしょう。東京23区には東京の人口の約70%が集まっており、物件の需要も非常に高いため、不動産投資が成功しやすいといえます。

とくに人口増加率が高い千代田区、中央区、港区の都心3区や、新宿区、渋谷区、文京区などは、不動産投資に向いているエリアです。

ただし、東京23区に所在する物件の多くは価格が高いので、高額な初期費用がかかることは覚悟しておきましょう。

大阪

西日本であれば、やはり大阪が良いでしょう。大阪は東京に負けないくらい人が集まるエリアであるにもかかわらず、東京23区よりも安い価格で物件が購入できることが多いためです。

新幹線の大阪延伸計画やなにわ筋線の延伸計画などの再開発も進んでおり、今後さらに人口が増加する期待ももてます。

とくに北区・中央区・福島区・西区・浪速区・天王寺区は人口が増加傾向にあるので、できればこのあたりのエリアを狙うのがおすすめです。

名古屋

人が集まるエリアといえば、名古屋も外せません。愛知県の人口増加率は大きく、若い世代の人口割合が高いという魅力もあります。リニア中央新幹線が開通予定で、再開発による地価上昇や賃貸需要の増加なども見込めます。

また、大阪と同じく、東京23区と比べて物件価格が安いのも魅力のひとつです。初期費用を抑えたいのであれば、名古屋も検討してみると良いでしょう。

エリアが決まったら物件を選ぼう!

不動産投資先のエリアが決まったら、物件を選びましょう。以下のような物件であれば、高い収益が得られるでしょう。

・駅に近い物件

・近隣に大学や大企業のオフィスがある物件

都心であればワンルームが人気ですが、郊外の場合は広めの物件のほうが、人気が出ることがあります。ネットで情報を集めるのはもちろん、実際に現地に足を運んでみて、どのような需要があるかを調査することが大切です。

まとめ

どれだけ良い物件であっても、需要と合っていないと入居者が現れません。物件を決める前に、まずはじっくりとエリアを選定しましょう。

このエリアの物件なら確実に成功するという保証はありませんが、人が集まる場所、アクセスが良い場所にある物件は人気が出やすい傾向にあります。

また、エリアによって需要のある物件の種類が異なるので、現地に足を運んで調査してみましょう。