駅近マンションは資産が高いって本当?購入メリットや選ぶコツを解説

マンションを購入したいと思ったら、『駅近』であるかは外せない条件です。物件選びにおいて重視する点は、広さや日当たり、静かな環境など、人それぞれの好みがあります。 その中でも、「駅からの距離」は多くの人が重視する条件ではないでしょうか。駅に近いかどうかは生活の質、利便性に大きく関わります。 今回は、駅から近いマンションの資産価値について紹介します。

この記事は約6分で読み終わります。

駅に近いマンションは資産価値が高い

駅から近いマンションにはどうして資産価値があるのでしょうか。

駅からの距離が近いほど資産価値が高くなる

一般的に駅近マンションとは、駅から徒歩5分以内にあるマンションのことをいいます。駅から徒歩10分以内なら「徒歩圏内」、徒歩15分以上になると「駅遠」といわれます。

マンションの資産価値を測る条件はいくつかありますが、立地は最重要ポイントです。立地条件の中でも重要視されるのが駅からの距離です。実際に、ほかの条件があまり変わらない物件ならば駅に近い方が物件価値は高くなります。

駅近といわれる徒歩5分の定義ですが、不動産業界では徒歩1分を80mと換算します。駅近マンションは徒歩5分までですので駅から400mまでの距離にある物件となります。

出典:「不動産の表示に関する公正競争規約施行規則」(不動産公正取引協議会連合会)

駅が近いマンションは資産価値が落ちにくい

東京をはじめとする大都市圏においては、電車や地下鉄を日常で利用する頻度が高いです。投資物件の対象に多いワンルームマンションなら、単身の入居者が通勤や通学で駅を利用すると考えられます。

いまでは共働き世帯も増えていて、家族向けのマンションにおいても駅近であることの価値が高まっています。このため駅近マンションの需要は高く、築年数がたっても資産価値が下落しにくいのです。

特に人口が増えている都心に近いエリアや高級住宅街、臨海地域などのエリアの駅近マンションは、需要が高い傾向があり資産価値が落ちにくいといえます。

路線の相互乗り入れ、新駅の設置などの情報によっては、のちに値上がりすることも考えられます。

駅近マンションを購入するべき4つの理由

駅近マンションを購入するメリットを4つ紹介します。

通勤・通学しやすい

駅近のメリットは、なんといっても駅に近いほど通勤や通学の時間短縮ができることです。駅に到着するまでの時間が短ければ、目的地までにかかる時間も短くなります。毎日の通勤・通学の時間が短縮でき、その時間を家族との時間や趣味、休養に充てることができるでしょう。

また、目的地までの移動がスムーズでどこに行くにもストレスなく便利です。駅までの距離があると、出掛けるのもおっくうになりがちですが、駅近なら生活のフットワークが軽くなるでしょう。

事件・事故に遭うリスクが低い 

駅周辺は人通りがあり、遅い時間でも明るいため、防犯性が高いといえます。

駅から離れた住宅地では、夜になると人通りが途絶えてしまうためひっそりしています。人目のない夜道は、一人で帰るには心細いでしょう。駅近の立地であれば、人の目があることで犯罪に巻き込まれるリスクが低くなります。

また、駅近マンションならば、通行人や自動車・自転車などと接触する機会が少なくなり、交通事故などのリスクも抑えられます。

駅周辺施設が利用しやすい

人が集まる駅周辺には、スーパーマーケットや家電量販店などの商業施設や、銀行・郵便局などの金融機関の支店・ATMの設置も多く、生活に必要な買い物や手続きに便利です。

ほかにも、飲食店やスポーツジム、映画館やカラオケボックスなどの娯楽施設なども多く、駅近マンションなら余暇も近所で楽しめます。

雨の日でも駅近の立地なら外を歩く時間を短縮できるので、買い物もストレスになりません。

賃貸・売却がしやすい

駅近マンションは利便性の高さから需要が高く、自宅として購入した物件を将来住み替えのために売却する場合や賃貸に出す場合に、買い手や借り手が多く見込めます。

また、投資用物件としても、ニーズが高い傾向があります。買い手が多く見込めることで法外な値下げの要求などは起こりにくく、スムーズに物件売却の取引ができるでしょう。

資産価値の高い駅近マンションを選ぶポイント

資産価値の高い駅近マンションですが、どのような点に気をつけて選べばよいのでしょうか。駅近マンションの選ぶポイントを5つ紹介します。

特急や急行の停車駅に近い物件を選ぶ

物件の最寄り駅が都心部に近ければ近いほど、資産価値はより高くなります。

さらに特急や急行が止まる駅ならば、それだけ都心部に移動しやすくなるため人気があり、資産価値が高くなります。始発駅は座席を確保しやすいという点で、毎日の通勤、通学にとってニーズが高く、資産価値が高い場合が多いでしょう。

人気エリアの物件を選ぶ

都心部から離れていても、子育てしやすい、環境が良いといった理由で人気の高いエリアは、資産価値が高くなる傾向があります。おしゃれな高級住宅街や眺望の良い臨海地域なども人気が高く、資産価値が下がりにくいエリアです。

このように人気があり人口が減らない地域では、多少駅から離れていても資産価値が高く保たれています。

駅に直結している物件を選ぶ

駅から直結したマンションであれば、外に出ることなく電車を利用できます。悪天候や事故、工事  などに影響されることもなく便利です。

駅直結のマンションは、数が限られるため希少性があり、資産価値が高い傾向があります。高めの価格を設定しても買い手があらわれることが多いので、売却がしやすいといえます。

上層階で日当たりの良い物件を選ぶ

同じ駅近マンションでも、人気があり資産価値が高い部屋があります。それは、「上層階の部屋」と「日当たりの良い部屋」です。

上層階の部屋は、眺望の良さから人気があります。セキュリティの面でも上層階は低層階よりも人が侵入しにくく、プライバシーも守られます。

日当たりの良い南向きの部屋も好まれやすいでしょう。角部屋であれば2方向からの採光や風通しの良さも期待されるうえに、隣室と接する部分が限られます。騒音などの隣人トラブルのリスクも避けられるでしょう。

築年数の浅い物件を選ぶ

マンションは、築年数が浅い、新しい物件ほど高い資産価値があります。

資産価値は新築時が最も高く、その後は徐々に下がっていきます。

築年数が15年以上になると大規模修繕工事や、キッチンやお風呂の給湯設備などの交換が必要になるため、マンション購入費用以外にも費用がかかることが考えられます。できるだけ築年数の浅い物件を選びましょう。

まとめ

駅近マンションは、その利便性からニーズが高く、価格が崩れにくいことから資産価値が高いです。

不動産投資をするならば、売却しやすいということも念頭に置かなければならないでしょう。ニーズが高いということは買い手がつきやすいのです。この点も含めて駅近マンションの物件は投資対象としても魅力が高いといえます。駅近マンションを不動産投資として運用するなら、その特徴を考慮して物件を選ぶようにしましょう。