不動産投資で資格を取得するメリット!おすすめの資格7選も紹介!

不動産投資を始めたいけれど、経験も知識もないまま始めるのが不安な方は多いのではないでしょうか。そのような場合、不動産に関連する資格を持っておくと、不動産投資をスムーズに進められるかもしれません。 この記事では、不動産投資に役立つ資格と必要な知識について解説します。

この記事は約5分で読み終わります。

不動産投資に資格は必要なの?

結論からいえば、不動産投資をするのに資格は必要ありません。資格を持っていない人でも、不動産投資をしている人は多くいます。

たしかに、不動産投資をする上では税金や法律など、専門的な知識が求められる場面もありますが、一般的には専門家へ相談・依頼することが可能です。

とはいえ、不動産に関する資格を持っておくことで、不動産投資を円滑に進められることは言うまでもありません。

不動産投資で資格を取得するメリットとは

不動産投資に何か資格を取得する必要はないものの、不動産投資で資格を取得することにはメリットがあります。ここでは、主な2つのメリットについて具体的に紹介します。

専門的な知識を身につけられる

資格取得のための勉強をとおして、法律や税金など不動産投資に役立つ情報を学べるのは不動産投資をしたい人にとって大きなメリットといえます。

勉強を進めるうちに専門的な知識を得られることで、不動産投資に対する疑問を解消できるでしょう。

また、知識があることで以下のようなトラブルを防止することにもつながります。

・購入時に不利益になる条件を提示される
・不当に高く管理費を取られる

資格取得のために勉強して得た知識を活用すれば、自信をもって不動産投資を始めることができますし、効率的に運用するのに一役買うでしょう。

取引相手からの信頼を得られる

不動産投資を始めるには不動産会社や金融機関など、いくつかの業者と取引をすることになります。

不動産投資に関して専門性の高い資格を取得していると、取引相手から信頼を得やすいメリットがあります。長い付き合いになる取引相手と良好な関係を築くことも、不動産投資を成功させる上では大切です。

また、商談において取引先と対等な立場で会話ができるので、不動産投資の条件で割に合わない損害を被るようなことなく、有利に進められる可能性があります。

不動産投資をするうえで役立つ資格7選!

不動産投資をするうえで役立つ資格を7つ紹介します。不動産の売買や管理、確定申告や税務処理など、不動産にまつわる知識を幅広く学ぶことができます。

宅地建物取引士

宅地建物取引士不動産取引の専門家で、不動産の売買や賃貸に関する法律知識・税金知識を習得することができます。国家資格であり、不動産業界で需要の高い資格です。

宅地建物取引士の資格があれば、物件の購入の際に確認する「重要事項説明書」の内容や管理について深く理解できます。

また、購入した不動産を賃貸する際に必要な税金に関する知識を習得できるので、安心して運用に取り組めます。資格を不動産投資に役立てたいと思う方には、宅建士がおすすめです。

賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士は、賃貸住宅の管理に関する知識や技能を有する専門家です。

不動産投資は購入した物件を管理、運営して収益を得る必要があります。その際、賃貸不動産経営管理士があれば、物件の管理や運営をスムーズに進められるでしょう。

たとえば、以下のようなことが学べます。

・空室のときの入居付け
・賃貸借契約の締結
・家賃の集金や滞納時の処理
・物件の解約・明け渡し

不動産の所有者としてすべきことは何か、してはならないことは何か、といった知識を身に付けることが可能です。

また、建物や設備に関する知識も習得できます。建物の構造や設備にはどのようなものがあるのか、詳しく学ぶことができ、実務に応用できます。

購入した物件の管理・運営に役立つ知識を習得したい方におすすめの資格です。

ファイナンシャルプランナー

ファイナンシャルプランナーは、お金に関する知識の専門家です。

個人に関わる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険など、家計に関わる幅広い知識が身につきます。不動産投資における資産形成・資産運用の面で判断する際に役立つでしょう。

また、不動産投資にかかる税金についても学ぶことができ、確定申告時に役立ちます。確定申告についての基礎知識を学びたい方におすすめの資格です。

マンション管理士

マンション管理士は、マンションの維持管理に関して管理組合の立場で助言や指導を行う専門家です。マンション管理士は管理組合のアドバイザー的な立ち位置にいます。

区分マンション投資を検討している人におすすめの資格だといえます。

簿記

簿記では、お金のやり取りの記録や、経営管理・分析に関する知識が身に付きます。

不動産投資は納税に際して確定申告が必要になりますが、青色申告で確定申告を行う場合は「複式簿記」による計算書類の提出が必要です。複式簿記には、簿記の技能が必要になります

確定申告では、税理士に依頼して作成してもらうケースが多いと思いますが、簿記を勉強することで資料の内容が理解できるようになります。

物件を購入した後の確定申告が不安だと思う方におすすめしたい資格です。

不動産実務検定

不動産実務検定は、不動産運用にまつわる実践知識を体系的に網羅した、不動産投資専門の資格です。「大家検定」とも呼ばれています。

ライフプランニングや不動産投資、満室経営、税金対策、建築、ファイナンス、土地活用コンサルティングなど、不動産投資を始める人が知っておくべき基礎知識を習得できます。

不動産運用設計に関する実務的な知識・技能を学びたい方におすすめの資格です。

不動産鑑定士

不動産鑑定士は土地や建物など不動産の経済的価値を評価する高度専門家であり、国家資格です。土地の公示価格や基準地価、路線価を鑑定評価しているのも不動産鑑定士です。

不動産鑑定士の資格取得で得られる知識は、不動産のさまざまな情報を反映した価格が適正かどうかを判断するのに役立ちます。

また、相続税標準地や固定資産税標準宅地といった観点から不動産を評価できるようになります。資格取得のためには不動産に関する行政法規や鑑定評価、民法、経済学、会計学と、学ぶ範囲が幅広く及びます。

土地を担保に融資を得たい、不動産価格を判断できるようになりたいと思う方におすすめです。

まとめ

不動産投資では、必ずしも資格は要りません。とはいえ、知識もないままに大きな資金を動かすことはやはり不安ですし、実際に不動産や管理会社と話をしても内容がわからないかもしれません。

資格取得の勉強をすることで不動産投資に関わる幅広い知識がつき、専門家とも対等に交渉ができます。物件の管理など得意な分野があるなら、業者に依頼しなくとも自分ですることも可能になります。

自分の知りたかった内容や自分の投資スタイルについて詳しく学べる不動産関連資格があれば、ぜひ学んでみましょう。