20代で不動産投資を始めよう!若いうちに始めるメリットとは?

目次1 20代で不動産投資を始めるべき理由 1.1 若いからこそリスクを取れる1.2 長期的な目線で資産を形成できる1. … 続きを読む 20代で不動産投資を始めよう!若いうちに始めるメリットとは?

この記事は約5分で読み終わります。

20代で不動産投資を始めるべき理由 

20代で不動産投資を始めるメリットは多く、状況次第では早めに始めた方が大きなリターンを得られる可能性があります。ここでは、20代で不動産投資を始めることのメリットや、早く始めるべき理由について紹介します。

若いからこそリスクを取れる

不動産投資を20代で始めるべき理由のひとつは、若いからこそリスクを取ってチャレンジできる点です。20代で結婚や子育てをする前であれば、比較的家計を守る責任が少ないためリスクを取りやすくなります。

また、万一投資に失敗したとしても、若いうちなら比較的やり直しがきくことも多いため、リスクをあまり気にせず不動産投資を始められるでしょう。

長期的な目線で資産を形成できる

投資の中には、短期で収益を得る方法もありますが、不動産投資の場合には長期的な目線での運用が適しています。そのため、20代という若い年齢で不動産投資を始めると投資期間も長くなるため、長期的な資産形成が可能です。

また、融資期間は物件の構造によってもさまざまですが、40代のうちに完済できることもあります。老後はローン返済の負担なくリターンを得られるのも20代で不動産投資を始めるメリットです。

不動産投資の融資を受けやすい

不動産投資の融資を受けやすいことも、20代で不動産投資をスタートするメリットのひとつです。融資審査では、職業や年収、年齢を考慮して信用力の有無を判断されます。20代であれば定年までの期間が長く、返済能力があるとみなされやすいため審査に通りやすいといえます。また、月々のローン負担も比較的低く設定可能です。

ローンのほかにも、日本政策金融公庫の「女性、若者/シニア起業家支援資金」を利用することも可能です。新規事業を始める方のうち、女性または35歳未満、55歳以上の方が対象の制度です。20代で不動産賃貸業を開業するケースでも利用できます。

成功も失敗も次の投資に経験を活かせる

20代で不動産投資をスタートさせれば、たとえ失敗してもやり直せる期間が長いため、経験を活かして次の投資ができるメリットもあります。

また、成功していれば資金を元手に新たな投資にチャレンジできるため、成功したノウハウを活かした運用ができるでしょう。

不動産投資の結果にかかわらず、経験を積めるのが20代で不動産投資を始める魅力です。ただし、多額の融資を受けたものの賃貸収入をほとんど得られず自己破産するなどの致命的な失敗には注意が必要です。

20代が不動産投資を始めるときの注意点! 

ここからは、20代で不動産投資を始める際に知っておきたい注意点や、陥りやすい失敗例について解説します。

知識不足で不利になる

20代は社会人としての経験が浅く知識が不足しているため、投資において不利になる場合があります。不動産投資のノウハウなど不動産に関する知識だけでなく、ビジネス全般の知識、経済、時事に関する知識が不足しているためです。

知識が不足していると、不動産投資においてどのような情報が不動産の価値を左右するかわからず、購入時に利回りや築年数など表面的なことばかり気にしてしまいます。

想定外の事情によって赤字に陥ってしまうなど、思うようにリターンが得られないケースを招くので注意が必要です。

借入比率が大きくなりやすい

不動産投資を20代で始めた場合、貯蓄が少ないことから、頭金を用意できず初期費用における借入比率が大きくなりやすい傾向にあります。収入に対する返済比率も高くなるため、資金繰りが困難になるなど運用失敗の原因になりかねません。

ローンを組んで不動産投資を始める場合には、借入比率をしっかりと検討しましょう。家賃収入が得られない時期が発生しても無理なく返済できる計画を立てることが大切です。

インターネットだけに頼ってしまう

20代は、インターネットを活用した情報収集に長けています。しかし、ネット上の情報だけを鵜呑みにして購入する物件を決めるのは危険です。

ネット上では確認できなかった問題点が、後から発覚するケースもあります。購入物件にはきちんと足を運び、内覧や周辺エリアの確認を行うことが大切です。

事前に入念な情報収集を行うことで、購入後に想定しうるリスクへの対策にもなるでしょう。

20代が不動産投資を成功させるには 

20代が不動産投資を成功させるためには、どのようなポイントを意識すれば良いのでしょうか。ここでは、20代が不動産投資を成功させるために把握しておきたいポイントや、失敗を防ぐためのコツについて紹介します。

自己資金を用意しておく

不動産投資を20代で成功させるには、自己資金をある程度準備しておく必要があります。まずは1000万円程度を目安に、自己資金を貯めておくと良いでしょう。

物件の購入費用にあてる頭金であれば「数百万円ほど用意すればローンが組めるのでは?」と感じる方もいるのではないでしょうか。しかし、物件を購入する際には、頭金以外に不動産会社への仲介手数料や税金、保険料、登記費用なども必要になります。

また、空室リスクに備えてある程度手元に資金を残しておいた方が安心して長期的な運用を行えるため、自己資金は余裕をもって準備しておくことが大切です。

不動産投資について勉強する

20代で不動産投資を始めるのであれば、不動産投資についての勉強が必要不可欠です。知識不足による投資の失敗を防ぐためにも、必ず知識は身に付けておきましょう。

不動産投資を行う物件の選び方や運用における注意点などについて勉強しておくことで、投資を始めた際に適切な対処法を実践できます。

また、十分な知識を身につけていれば、甘い話に惑わされることなく自分の判断で物件を精査できるため、投資詐欺などの回避にもつながります。

さらに、物件選びや管理ついてどのようなポイントを把握すべきかが明確になり、不動産売買業者とのやり取りもスムーズになります。

まとめ

20代で不動産投資を始めることに多くのメリットがありますが、成功させるためには知識面や経験面の不足を補うことが重要なポイントになります。

まずは十分な投資資金の準備や知識の勉強から始めるようにしましょう。ローンは返済リスクを軽減するためにも可能な限りフルローンを避け、返済可能な範囲でローンを組むことが大切です。